cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

衣類などはセーターなど畳んで保存しておく物に関してはダンボール箱に詰め込んで行きますが、ハンガーに掛けて保管しているジャケットやワンピース、スーツのような物に関しては、綺麗に畳むと箱の中に入れることも可能ですが、引越し業者のハンガーケースを利用するべきだと思います。

これは、ハンガーに掛けたままの衣類をそのままの状態で運んでくれるサービスであり、自宅の整理ダンスの中に掛かっているものを丸ごと、ハンガーケースに移し替えて移動しくれるのです。なので、こちらで梱包したりする作業は何もないので助かります。

トラックの中でも、ハンガーに掛かった状態で揺られるので、何の問題も無く移動することが可能になります。この、ハンガーケースですが、当日にハンガーに掛かった物を次々と依頼していけば良いのです。

なので、折りたたむとシワになりやすいシャツなどに関しては全てハンガーに掛けた状態で保管しておき、引越しの際にはそのままの状態で移動してもらえば良いのです。最初からこの作戦で考えて行けば、ダンボール箱に梱包する物と、ハンガーに掛けっぱなしにしておくものとキッチリ分ける事が可能です。

なので、引越しの前段階から悩むことなく作業に入れます。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする