私は引っ越しを何度も経験しているのですが、新人の頃に転勤が決まったとき、同期の女の子が引っ越しブルーと何度も言っていました。その気持ちがわかるようになったのはそれから2回も後のことでした。

e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s
初めての引っ越しは、実家からアパートへ引っ越しするときでした。これは社会人としての生活が始まることや初めての一人暮らし、希望いっぱいでした。新しい家電はアパートに届くので、実家から持っていく荷物はキッチン用品や自分の洋服や雑貨くらいでしたので、自家用車で済むくらいでした。
2回目は、転勤1回目でした。これも、ものが増えすぎていない時期だったのでスムーズに引っ越ししました。
3回目は、結婚するときの引っ越しでした。これも希望いっぱいでしたが、ものが増えすぎていたのと、節約で単身パックで冷蔵庫を運んでもらったりしましたが、ほとんどは自分のタイミングで引っ越ししたようなものでした。
4回目の引っ越しは、800kmほどの引っ越しで大がかりでした。引っ越し日も立ち合いも次のカギの受け取りも決まっていたので大急ぎの引っ越しでした。まだ暑い時期だったので、引っ越し前日にクーラーを取り外したところ、暑くて作業が大変なことになりました。見えている部分を箱に詰めてからが引っ越しブルーの始まりで、同期の女の子の言っていた言葉を思い出しました。詰めても詰めてもまだまだあって、リミットは決まっていて、最大の難関は予想外にもキッチン用品でした。予想以上にものが収納されていたのです。なんとか引っ越しましたが、ぎりぎりの引っ越し大変でした。

事前にチェックを→本棚 引越し 料金

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする