引越し作業をするときに、現在住んでいる場所の解約手続きを早めに済ませることを念頭に置くべきです。引越し先に移動した後で、また解約作業をするために戻ってくるので、その手間を省くためにも段取り良く作業をしていくことが大事です。


引越し業者に依頼した場合には、新居にすぐに移動して引越し業者を待ち受ける必要が有りますが、自分で引越しを全てやってしまう場合には、トラックに家財道具を全て詰め込んだ後に、部屋の掃除を済ませてしまうのです。

そして、鍵を不動産屋さんか大家さんに届けることによって、すぐに解約作業を完了することができます。基本的には敷金が戻るかどうか大家さんが決めるのですが、そのあたりの作業も最初の段階で話をしておけば、すぐにやってもらえる可能性があります。

そんな事から、引越し作業するときにはこれらの作業の段取りを全てリストアップして、最初に大家さんか不動産屋に話をしておけばスムーズに作業する事ができるのです。

7546b4bc14a51f2358ea3499ecc2818c_s
このあたりの段取りを忘れてしまうと、後から以前に済んでいたら部屋に戻って掃除を始める事になります。この作業時間がもったいないので、前もって何をするべきか想定しながら作業を進めていくことが大事なのです。

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする