近所で引っ越しがあると私は少しの間それを見ています。じっと見ているわけではなくて、どこの引っ越し業者がどんな風に作業をしているのかその姿を見ているのです。引っ越し荷物をチェックしているわけではありません。
57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s
「引っ越し業者を選ぶときの参考に」と思って引っ越しがある度によくチェックさせてもらっています。部屋の中から見ているので、引っ越し業者はまさかこんな風にチェックされているなんて思わないでしょう。でも、私はかなり真剣に見ています。

単身パック 最安値にする方法とは?

自分が引っ越しするときにどこの引っ越し業者を使うかの参考にできるのは、実際に作業しているところを見るのが1番です。スタッフがどんな風に働いているか、責任者がどんな風に指示を出しているかをチェックするのが1番です。これ以上参考になることは他にありません。

良い引っ越し業者はもうだいたい分かりました。もちろん態度が悪く問題だと思う引っ越し業者も分かっています。これはスタッフ一人一人が悪いんじゃなく、その会社の体質が悪いのです。会社の体質が悪いから働いている人がみんな同じように悪くなってしまうんですね。

良いことも悪いことも全部分かります。このチェック方法はしばらくやめられそうにありません。

学生時代から合わせ、これまで5回引っ越しの経験がありますが、失敗したのが収納がない、もしくは収納箇所が少ない物件を選んだことです。

ワンルーム1
物件の内見は必ず行くのですが、何も置いていない状態の部屋を見ると、例え4畳半であっても広く見えてしまいます。しかし、実際に家具を置くと、予想外に狭くなることもしばしばあります。また、これぐらいの収納であれば荷物が入りきるだろうという計算が外れてしまうこともしばしばです。
引っ越しの度に断捨離をして荷物を少なくするのですが、学生であれば教科書や部活の道具、社会人であれば書類やIT機器など、どんどん物が増えていってしまいます。これから増えるものを予測するのは難しいです。
そこで、私は組み立て式の家具を愛用しています。収納がないところには自分でカスタマイズして収納棚を作り、使わなければ積み上げてその上にカバーをかけてソファ代わりに使ったりしています。解体すれば引っ越しの際の持ち出しもスムーズにできます。
2年前、結婚してからの引っ越しは予想外のことがたくさんありました。まず、私の荷物で備え付けの収納棚はいっぱいになり、夫の荷物は近くの実家に置いています。また、子どもが生まれてからは生活スペースに収納棚をいくつか増やして狭くなってしまいました。一番困ったのは台所の収納です。家族が増えて調理をする機会が増え、道具も増えたけど収納場所が小さすぎました。結局、本棚が台所にあったり、大型のキッチン用具が押し入れに入っていたり、適材適所とは言えない状態になっています。
次回は家族の分を見越した収納がたくさんある部屋に引っ越したいです。

引越し1

1日あたり1万円程度で様々な作業の依頼を受ける何でも屋さんがいます。このような業者に引越の作業を依頼する事によって、引越し業者を使わずに作業を終えることが可能となります。

1日8時間拘束すると1万円となってしまうので、4時間だけ依頼する事にします。その時間で引越しの道具を車に積みこんで、引越し先まで移動し全ての物を下ろす作業が完了させればよいのです。

大阪市内の引越し料金を格安にするには?

レンタカーでトラックを手配して作業するよりも安く作業が終える可能性があります。車を借りるだけでなく、作業員が一人増えるのでスムーズに作業終えることができるかもしれないのです。

このように、引越し業者に依頼する考え方だけでなく様々な方法で引越しをすることが可能となるので、引越見積もりサイトで価格をチェックして非常に高いと感じた場合には、自前でできる段取りと、別の業者に依頼したときのコストの比較をやってみる事です。

多くの人がやってみて良いと感じた情報はネットの掲示板などで隔離することが可能ですが、そのような方法よりもよりコストを下げたベストな対策が見つかるかもしれません。

引越しの作業は、家の中にあるものを全て移動するだけの簡単な内容なので、車の手配ができればほとんど自分でやる事ができるはずです。

引越しをするときに忘れがちになってしまうのが、新居のインターネット回線の契約です。現在使用しているネット回線の解約も一月以上前に申請しないと解約できない可能性があるので、このあたりのネット回線の規約をもう一度チェックする事が重要です。
パソコン1
特に、新しい回線工事を依頼してから、実際に工事が行われるまでには三週間以上待たされる可能性があります。ADSLでも光回線でも同様な期間の待ち時間が必要となる可能性があるため、引越しの予定が決定した段階で申し込まないと間に合わない可能性があります。

このようなネット回線に関しては新規加入キャンペーンが随時行われている可能性があるので、格安で加入ができる良い回線を選択することが重要です。しかし、業者によっては依頼から回線工事までがかなり時間がかかってしまう可能性があるため、そのあたりも考慮する必要があります。

このようなネット回線は、引越し作業が終わって一段落してから思い出す可能性があります。申請してから回線工事までがかなり長くなるサービスであるため、引越しの梱包作業などを開始するよりも前の段階で申し込みをする必要があります。

このような忘れてしまうと後で困ってしまう内容もスケジュールに加えておく必要があります。

%e3%82%b4%e3%83%9f%e6%8d%a8%e3%81%a6%e5%a0%b4

引越し業者はどこが安いの?

引っ越しのタイミングでものを捨てています。子供が使わなくなったおもちゃは引っ越しのタイミングに捨てやすいです。子供は昔使っていて今は全く使っていないおもちゃでも、「捨てるよ」と言うと泣いてイヤがります。「もう使っていないんだからいいじゃない・・・」と言ってもムダ。子供は自分のおもちゃだと使っていなくても捨てられたくないのです。

こういうことは子供に限ったことではなく大人でも同じですが、「子供が何年も前に使ったきり押し入れの奥にしまい込んでいるおもちゃだけは、引っ越すタイミングで捨てたい!」と思うのが正直な気持ち。これは仕方がないです。子供のおもちゃって結構場所を取っているからです。

滑り台やジャングルジムは1番に手放したいものですし、オセロゲームや人生ゲームのように薄っぺらいけど大きさとしては結構あって邪魔に感じるものも捨てたいです。押し入れで次の出番を待っていても次の出番など来るわけがありません。

子供には悪いけど、子供が留守をしているタイミングでこういう類いはすべて処分してしまいます。そうしないと引っ越し料金がバカになりません。子供のおもちゃだけでも軽トラック1台分になります。こういうものは捨てるに限ります。

1人暮らしの生活が長いせいか、特別引越しという作業に対する物珍しさが無い私。当然長年のそういった生活の中で定期的に何度も引越しをこなしてきたからに違い無いのですが、その作業の中にもちょっとした珍しい出来事に遭い、少々困惑した事もあります。
それは実のところ私自身の引越しでは無く、実家が家屋の大規模リフォームの為一時的にその住まいを離れざるを得ず、その引越しの手伝いに行った時の事でした。

1f354ce5432418090aa840efa7e5b272_s
長年整理をしてこなかった押入れや物置きの整理は当然の事ながら大変。そんな中、押入れの隅から大きなダンボールが出てきたもの。中身を確認してみると乾パンを始めとした非常食が大量に詰まっており、その大半が賞味期限をオーバーしているという有様でした。
所詮非常食、開封していなければ何とか食べられるだろうという両親の反対を押し切って、期限切れのものに関しては全て処分したのですが、僅かに残っている賞味期限内のものを試しに開封し食べてみたところ、やはりどこかカビ臭く食べられたものではありませんでした。
賞味期限内のものでさえこの様な状態でしたから、共に味見をした両親もこの事実を知りようやく処分に納得したという経緯です。
いくら非常食とは言え定期的な買い替えは必須。引越しはそのちょうど良いチャンスなのかも知れません。

数年前引っ越しをしたときに感じたのは、「引っ越し業者と対等につきあった方がいい」ということでした。ついつい、「こっちがお客で引っ越し業者にお金を支払うのだから・・・」という考えで話をしてしまうわたしでしたが、「持ちつ持たれつ」という関係でいた方が何かといいことがあると感じました。

引っ越しともなると、引っ越し当日までいろんなことをやっておかなくてはならず身体がくたくたになってしまいます。気持ちもだんだんくたびれてきて、いよいよ元気がなくなってきた頃に引っ越し当日を迎えます。そうするとついつい言葉がきつくなったり態度が横柄になってしまうのです・・・。
%e5%bc%95%e8%b6%8a%e3%81%97%ef%bc%94
そんなつもりはなくても疲れてイライラしていると言葉がきつくなってしまうのです。やはり、「こっちがお金を支払っているんだから」という気持ちがわたしの気持ちを大きくしてしまって、それが言葉とか態度に出てしまっていました。引っ越し業者は商売だから最後までしっかり気持ちよく対応してくれますが、引っ越しが終わり落ち着いてきた頃にわたしは一人で反省します。

「引っ越し業者と自分は持ちつ持たれつ対等な関係なんだ」ということを頭に入れて、これから引っ越し業者を利用しようと思っています。

引越し 衣装ケース 料金について

引っ越し業者を利用した引っ越しを何度も経験していますが、引っ越しをするタイミングにはちょっと気をつけています。というのも、繁忙期に引っ越し業者を頼むとあまりいいことがないからです。
1bbe55538ce75f18c02e0dc88c4ce913_s
繁忙期というのは引っ越しをする人が多く出る時期です。この時期に引っ越し業者を頼もうとすると日程の調整だけでも大変です。この日がベスト!という日に予定を組めたことがありません。引っ越しをしたい日にできないというだけでも出鼻をくじかれる思いがしました。

やっと引っ越しの日程が決まっても時間は引っ越し業者に合わせることが多く、自分の、この時間がいい!というタイミングに引っ越し作業はスタートできませんでした。これもなかなか辛いです。特に午後2時とか3時からの引っ越しとなるとすべてが終わると夜になってしまうこともあり、その後の予定はめちゃくちゃになります。

引っ越しをするタイミングは本当に大事です。わたしはここ数年引っ越しをする場合、引っ越し業者の繁忙期だけは避けるようにしています。引っ越し業者の繁忙期を避けて落ち着いた時期に引っ越しするだけでも自分の希望が通りやすいです。自分の希望が通りやすい引っ越しは最終的に良い引っ越しになることが多いです。

夫が転勤族のため、私たち一家はこれまで10回以上の引っ越しをしてきました。
そのたび思うのは、荷造り・荷解きなどの作業よりも、膨大な「住所変更の手続き」の方がめんどくさい、ということです。

そこで長年の経験から、「住所変更の手続き」という大敵を攻略する方法を考えてみました。

まず転居先が決まったら、郵便局に郵便物転送の申し込みをします。
それから優先すべきは生活のためのインフラ、電気・ガス・電話(インターネット含む)・水道の転居手続きですね。これらは住所移転の手続きをするフリーダイヤルが混み合っている場合があるので、日程に余裕をもって早めに申し込みたいところです。

さて、引っ越し前に転出の手続きをしていると思いますが、転居が済んだら引っ越し先の役所に、速攻で転入届を提出します。
同時にマイナンバーの住所変更もしてしまいましょう。(マイナンバーの住所変更手続きは、家族であれば本人でなくてもできます)
転入届を出した後すぐ、住民票を5、6枚用意します。職場に提出させられたり、なんだかんだ必要になるのです。お役所はいつも混んでいるので何回も出向きたくありませんよね。用事はまとめて済ませてしまいましょう。
さらに帰り道にコンビニで、「住所変更したマイナンバーカード」「新しい住民票」を10枚くらいコピーしておきましょう。

%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc%e6%a9%9f

さらに優先すべきは健康保険証と運転免許の住所変更手続きです。
(免許の住所変更も、委任状があれば家族が代理でできます)
免許の住所変更が済んだら、これまた表と裏をコピーしたものを数枚用意。

これらを用意した上で、あとは住所変更手続きすべきものをずらーっとリストアップしていきます。気力の続く限り電話をかけ、書類を書き、終わったら消すという作業に移ります。
ネットバンク、通販サイト、借りているサーバ、参加している学会、飛行機や宿の予約サイト、金融機関…… もういやになるほどありますよ。

ものによってはネット上で住所変更の手続きができる場合もあります。
が、住民票のコピーを送れ云々のとこもまだまだあります。
スマートフォンを持っていれば、所定アプリをダウンロードして、免許証の写真を撮影して送ることで本人確認ができるといった金融機関もありますね。
なんにせよ免許などの本人確認書類は早めに住所変更をしておくに限ります。

こうして膨大な住所変更の手続きを終えると、ようやく引っ越し先の住人になれた気がして達成感もひとしおです。
でも頻繁にはやりたくない…… それが正直な感想ですね。

冷蔵庫、洗濯機 引越しについて

 

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab%ef%bc%92

彼氏とのデートに遅れてしまいました。彼氏はイライラして待ってくれていたのです。携帯電話も電源が切れていて、連絡すらできなかったのです。なんと一時間遅れて、待ち合わせ場所に着いたのです。
今まで何をしていたのか聞かれました。でも言えません。秘密にしておきたいからです。そのほうが彼氏の驚く顔を見れると思ったからです。
今日私は引越しをしていました。実家を出て、彼氏の住むアパートの隣の部屋に引越しをしたのです。もちろん彼氏には秘密にしていました。こっそりと計画をして、こっそりと引越しをしたのです。そして今日デートが終わった時、家に帰った彼氏はその事に気づくでしょう。その時の驚く顔をした彼氏を見たいのです。そして笑顔を見たいのです。
ずっともっと近くに住んでいたらいいのにな、と思っていました。仕事も忙しい彼氏なので、なかなかデートもできません。だから久しぶりのデートだったのです。同じアパートの隣同士だったら、いつでも会えるのです。そんな状況にしたかったのです。
早起きをして、何とか引越しをしてきました。友人も家族も手伝ってくれましたが、デートの時間には間に合いませんでした。だから彼氏はイライラしていたのです。
でもそれも今日までです。これからはいつでも会いたい時に、ノックすれば会えるのです。